Book10033
[戻る][トップページへ]


【全データ】

 300件ずつ順に

【分類別表示】

(01)地域文化
(02)個人誌
(03)文芸
(04)研究・評論
(05)グラフイック


【書籍検索】

書名:
著者:
内容:

  

書名庄内の女たち
著(訳)者黒羽根 洋司
発行社(者)ライトハウス パブリケーション
印刷所名株式会社 小松写真印刷
サイズ四六判  ページ数 157
発行年月2018(平成30)年03月20日
分類(01)地域文化部門
定価(本体)1400 円  

■[著者・発行者への電子メール]
<内容紹介>

山形県の北西部に位置する庄内の地に生まれ、小説家・佐々木邦、横光利一、島田清次郎、森敦、半村良、山田風太郎らの妻となった七人の女性と、田沢稲舟、菊地リウの閨秀作家二人の生涯を追った。ひたすら書くという業にとりつかれた作家たちには、世事に疎く常識から外れた者が多い。この孤独で、ひとり苦悩する作家を支えた妻たちの生い立ちと生活を探りながら、庄内の女性に内在する美質を論じた。さらには、文学への憧れから発した行動によって、短い一生を燃えつくした二人の夭折の作家を描きながら、耐えるだけではない、情熱の炎も持つ庄内の女の側面をあぶり出した。                                                           




このページの情報を広告その他の勧誘に使うことを禁止します。