Book09922
[戻る][トップページへ]


【全データ】

 300件ずつ順に

【分類別表示】

(01)地域文化
(02)個人誌
(03)文芸
(04)研究・評論
(05)グラフイック


【書籍検索】

書名:
著者:
内容:

  

書名カラスは白い
著(訳)者佐藤 祐一
発行社(者)文芸社
印刷所名フクイン株式会社
サイズ四六判  ページ数 248
発行年月2017(平成29)年06月15日
分類(04) 文芸=エッセイ部門
定価(本体)1300 円  

■[この本の紹介・注文ページ]
■[著者・発行者への電子メール]
<内容紹介>

 自然の風景、趣味、気になる出来事や社会現象に対する感想、旅の思い出、身近な物事や事件などブログに毎月綴った身辺雑記数年分をまとめて著書とした。私は20数年間、私立大学の教師をした。この間、私の研究室から300名弱の教え子達が巣立ち、社会で活躍中である。毎月のエッセイには、彼らにエールを送るとともに定年後も元気で日々生活していることを彼らに伝えたいとの願いも込められている、書名の「カラスは白い」は新婚時、妻が私の母から家庭円満の秘訣と教わったことに反発したことに端を発する、その後の夫婦関係の顛末にちなんで付けた。




このページの情報を広告その他の勧誘に使うことを禁止します。