Book09917
[戻る][トップページへ]


【全データ】

 300件ずつ順に

【分類別表示】

(01)地域文化
(02)個人誌
(03)文芸
(04)研究・評論
(05)グラフイック


【書籍検索】

書名:
著者:
内容:

  

書名古河と辺見貞蔵ー幕末から明治を生きた博奕知らずの博徒ー
著(訳)者臼井紀幸 臼井陽一
発行社(者)創英社/三省堂書店
印刷所名(株)新後閑
サイズ四六判  ページ数 160
発行年月2017(平成29)年07月18日
分類(01)地域文化部門
定価(本体)1300 円  

■[著者・発行者への電子メール]
<内容紹介>

辺見貞蔵とは、何者だったのか。 博奕知らずの博徒と言われ、幕末から明治を生き抜き、多くの博徒から信望を集めていたにもかかわらず、歴史上注目されることはなかった。彼の謎の人生を、城下町・宿場町・河港町としての古河(茨城県)の歴史とともに掘り起こす。




このページの情報を広告その他の勧誘に使うことを禁止します。