Book09860
[戻る][トップページへ]


【全データ】

 300件ずつ順に

【分類別表示】

(01)地域文化
(02)個人誌
(03)文芸
(04)研究・評論
(05)グラフイック


【書籍検索】

書名:
著者:
内容:

  

書名松代藩の和算家・測量家 東福寺泰作
著(訳)者山本行雄
発行社(者)信毎書籍出版センター
印刷所名信毎書籍印刷
サイズA5  ページ数 292
発行年月2017(平成29)年04月17日
分類(01)地域文化部門
定価(本体)1800 円  

■[この本の紹介・注文ページ]
■[著者・発行者への電子メール]
<内容紹介>

 江戸時代末期、信州松代藩には身分に関係なく学問を目指す意欲的な若者が大勢いました。その中の一人が東福寺泰作です。 泰作は、当地の名主の家に生まれ、和算と測量術を学びました。松代藩の足軽に取り立てられた後、藩の測量事業に抜擢されて、後世に誇る正確な測量図を完成させました。泰作が完成させた測量図は、現在もなお大規模災害の歴史資料として利用されています。 また、ペリー来航時には横浜へ警衛隊の一員として出向き、次いで、戊辰戦争に出兵するなど、下級藩士の立場で時代の荒波に揉まれました。 泰作が残した多数の未公開文書と幾つかの機関に所蔵されている資料を整理し、これまでほとんど知られていなかった在郷足軽の人生と業績、更に、泰作を取り巻く地域の様子をまとめました。




このページの情報を広告その他の勧誘に使うことを禁止します。