Book09308
[戻る][トップページへ]


【全データ】

 300件ずつ順に

【分類別表示】

(01)地域文化
(02)個人誌
(03)文芸
(04)研究・評論
(05)グラフイック


【書籍検索】

書名:
著者:
内容:

  

書名庶民が描く暮らしの記憶 -ふるさとを共有する「現代絵農書」-
著(訳)者清水 ゆかり
発行社(者)丸善プラネット㈱
印刷所名富士美術印刷㈱
サイズB5  ページ数 205
発行年月2015(平成27)年09月10日
分類(06)研究・評論部門
定価(本体)2000 円  

<内容紹介>

 「現代絵農書」とは、高度経済成長により機械化・化学化する以前の近代農村の暮らしを、農村出身の庶民自身が絵と文章によって記録した記憶画である。本書は現代絵農書の内容と成立過程を分析し、その活動をふるさとの歴史と文化を継承する庶民の歴史叙述活動として評価する、ユニークな研究の集大成である。




このページの情報を広告その他の勧誘に使うことを禁止します。